売却応援キャンペーン 初心者にわかりやすい不動産売却

【2023年版】稲沢市不動産売却|終活の一環!?ご自宅の売却


【2023年版】稲沢市不動産売却|終活の一環!?ご自宅の売却

終活の一環として、お住まいの不動産をどうすればよいか??このようなご相談が増えています。
最近では、お子さんたちがご実家に同居されず、別でお家をご所有されているケースが多いからです。したがって、施設に入所したり、相続が発生すると空き家になることは珍しくなくなってきています。
しかし、空き家のまま放置するとデメリットもありますので、就活の一環としてご自宅を売却されるお客様が増えているのです。
今回の投稿が、稲沢市、清須市で不動産をご所有されている方のご参考になりましたら幸いです。

この記事の執筆者

このブログの担当者  渡邉  友浩

株式会社不動産トータルサポート代表取締役
岐阜県出身 南山大学法学部卒 業界歴 24年
保有資格:宅地建物取引士・一級建物アドバイザー・不動産キャリアパーソン・空き家マイスター・住宅ローンアドバイザー
ハウスドゥ155号稲沢、ハウスドゥ家・不動産買取専門店 155号稲沢、ハウスドゥ愛西、ハウスドゥ弥富を運営しています。
市街化調整区域の物件の企画、売却は特に自信があります。不動産(空き家)、相続のお悩みもお気軽にご相談ください!!
年間100件以上の売却相談を頂いています!!



無料査定 無料相談




空き家を管理する方法

お子さんたちがそれぞれ別の所にお家を所有していて、活用予定がない場合、相続が発生すれば当然空き家になります。
空き家は適切な管理が必要となります。お家は、人が住んでいないとびっくりするほど痛みが早くなるのです。では、どのような管理が必要となるのでしょうか?
空き家を管理は何が必要かまとめてみました。
①換気をする!!
空き家の老朽化を早める要因の一つが「湿気」です。
相続が発生して無人となったご実家は、定期的に換気をして空気を入れ替えることにより湿気を逃がさないといけません。湿気によるシロアリ発生のリスクが高まりますし、シロアリの発生は耐震性の低下にもつながります。
窓を開けるだけでなく、押し入れなどの収納、水回りなどの湿気がたまりやすい場所も意識して対策しましょう。
②通水をする!!
誰も住まなくなると、水道を閉栓される方がいらっしゃいます。
しかし、お家の維持管理の点で考えると通水は必要ですので水道は使用できるようにしておくとよいです。
水道管は、通水しないとサビの発生原因になります。また、通水により、水道管から虫や悪臭が上がってくることを防ぐ効果もあります。
以前、何年も通水していなかったお家の通水をしたらそこらじゅうで漏水した経験もあります。
③屋内外の清掃をする!!
空き家だからといって、お掃除をしないとお家は傷みます。清掃をしながら、天井や壁に雨染みがないかチェックしてください。雨染みがある場合は雨漏りをしている可能性がありますので、雨染みを発見されましたら専門業者にご相談ください。放置すると、当然、木部が腐食します。
室内の清掃のみでなく、お庭の手入れも重要です。庭木や雑草を放置すると害虫の発生やご近所にご迷惑をおかけする恐れがあります。

空き家の管理は本当に大変です。時間や体力も必要ですし、広いお家ですと終わりがみえないですよね・・・。
しかしながら、相続した不動産の価値を維持するために、空き家の管理は必要な作業となります。
きちんと管理されていても空き家は防犯上のリスクはありますが、放置されているとさらにリスクが高まります。なかには、お家の中が荒らされたとのお話を伺うことがあります。関連記事 悲しい出来事

売却初心者



無料査定 無料相談

空き家を管理はどうする??

さきほど、相続した不動産の価値を下げない為には、空き家の管理が大切であると記載しました。実際、管理はどのように行ったらよいでしょう・・・。
『ご自身で管理する』か『空き家の管理会社に依頼』するか?
当然、自分で管理できれば費用面も抑えられるのでよいのですが、毎月1回~2回、換気、通水、お掃除、お庭の手入れができない方もいらっしゃると思います。特に相続人が遠方にお住いの場合は難しいと思います。
そんな場合は、空き家の管理サービスを提供している会社もありますのでご相談をしてみてはいかがでしょうか?



空き家の管理を怠るデメリットとは?


空き家を管理をせず放置すると、さまざまなデメリットが発生します。
デメリットは相続するお子さんたちにも負担となってしまいます。
①資産価値が下がります!!
空き家を放置すると、資産価値が下がることがデメリットです。
管理してれば、対策できたはずの、湿気によるカビやシロアリの発生、雨漏りなど・・・。
せっかく、利用できたはずのお家が住めない状態になってしまうことがあります。
②防犯上のリスクがあがります!!
放置された空き家は、外観からわかりやすいです。特にお庭が荒れていれば見た目で空き家ということがわかりやすくなります。
そうすると、不法投棄されたり、お家に不法侵入されたり。以前、不審者が生活していた形跡がある査定物件もありました・・・。
放火などのされると、周囲にもご迷惑をおかけします。やはり、こまめな管理は必要なのです。
③近隣に被害が発生する可能性が!!
放置した樹木が道路を塞いでいることを見ることがあります。ご近所さんからすると大変迷惑です。
また、管理をしていないが為に建物の老朽化に気が付けず、瓦が落ちてご近所の方にケガをさせてしまい、賠償責任に負うことになるリスクもあります。
④特定空き家に指定される可能性があります!!
空き家を管理せず放置し続けると、「特定空き家」に指定されるリスクもあります。
特定空き家に指定されてからも放置すると行政代執行にて建物を取り壊しされることもあります。

マンガ売却編



無料査定 無料相談


空き家問題の解決方法!


空き家を相続により、所有するには適切な管理が必要で、管理を怠るとデメリットが発生すると前述しました。

では、このような事態を解決するにはどんな方法があるのでしょうか?

①建物を解体する!!

建物を解体することにより、そもそも空き家を発生させない方法です。

ただし、解体には費用が必要ですし、解体後は、『空き地』の管理の問題が発生します。また、住宅があることで軽減されていた固定資産税が、増えてしまう可能性が場合があります。

②ご自宅を売却する!!

終活の一環として、ご自宅を売却をすると、先々、相続でお子さんたちが空き家問題に苦労されることはありません。

お住まいになっているご自宅を売却した際は、「居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例」が利用できる可能性がありますので、売却時の税金負担を軽減できることもあります。

③ご自宅を買取ってもらう!!

早く目鼻をつけられたい方は、ハウスドゥ155号稲沢の「買取」のご利用をおすすめしています。

通常の仲介と異なり販売活動の期間がなくすみやかに現金化できます。

ご自宅を利用される予定がない場合は、相続するお子さんたちのご負担とならないためにも、終活中に売却や買取をハウスドゥ155号稲沢にご相談ください。


まとめ


終活の一環としてご自宅の売却をご検討される方が増えました。

住み慣れたご自宅を売却することはさみしい気持ちで一杯になるかと思います。

しかしながら、利用されない空き家は将来、【負動産】となる可能性を秘めています。

私自身、空き家の管理は経験しましたが、本当に大変な作業です。

建物の価値があるうちに、終活の一環としてご自宅のご相談はハウスドゥ155号稲沢にお気軽にお問い合わせください。


無料相談





【ハウスドゥ155号稲沢(株)不動産トータルサポートの不動産売却得意エリア】

稲沢市、清須市を中心とした西尾張全域
【ハウスドゥ155号稲沢(株)不動産トータルサポートの不動産買取可能エリア】
稲沢市、清須市を中心とした愛知県全域






商号    ハウスドゥ 155号稲沢(株式会社不動産トータルサポート)
代表者名 代表取締役 渡邉 友浩
所在地    〒490-1313 愛知県稲沢市平和町横池砂田288
電話番号 0567-69-5665
FAX      0567-69-5532
定休日 毎週 水曜日
営業時間 10:00~18:00
事業内容 土地、中古住宅、新築住宅、中古マンションの売買仲介
     土地、中古住宅、中古マンションの買取

キャンペーン


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0567-69-5665

営業時間
10:00~18:00
定休日
毎週 水曜日

渡邉友浩の画像

渡邉友浩

部署:代表取締役

資格:宅地建物取引士・一級建物アドバイザー・不動産キャリアパーソン・空き家マイスター・住宅ローンアドバイザー

この仕事は『ありがとう』が溢れています。お取り扱いする商品が高価であるため、責任が重くプレッシャーが大きい仕事です。ただ、それ以上に、『良い物件を見つけてくれてありがとう!!』『早く売却してくれてありがとう!!』『困ってる不動産の問題が解決できてありがとう!!』など。お客様から本当にたくさんの『ありがとう』を頂きます。地域の不動産業者にしかできない仕事で街づくりに貢献していきたいです。

渡邉友浩が書いた記事

関連記事

不動産売却のこと

空き家のこと

市街化調整区域のこと

売却査定

お問い合わせ