売却応援キャンペーン 初心者にわかりやすい不動産売却

2023年版|遠方にある不動産を売却したい!!


2023年版|遠方にある不動産を売却したい!!

稲沢市、清須市の不動産売買専門店 ハウスドゥ 155号稲沢(株)不動産トータルサポート、代表の渡邉友浩です。
遠方にある不動産を相続などで取得した場合、売却することを検討する方も多いでしょう。しかし、遠方にあるということは、現地に足を運ぶのが大変だったり、不動産会社の選び方が分からなかったりと、売却には様々な課題があります。
今回は、遠方にある不動産を売却する方法や流れ、注意点について投稿します。遠方にお住まいの方で、稲沢市の不動産売却を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

この記事の執筆者

このブログの担当者  渡邉  友浩

株式会社不動産トータルサポート代表取締役
岐阜県出身 南山大学法学部卒 業界歴 24年
保有資格:宅地建物取引士・一級建物アドバイザー・不動産キャリアパーソン・空き家マイスター・住宅ローンアドバイザー
ハウスドゥ155号稲沢、ハウスドゥ家・不動産買取専門店 155号稲沢、ハウスドゥ愛西、ハウスドゥ弥富を運営しています。
市街化調整区域の物件の企画、売却は特に自信があります。不動産(空き家)、相続のお悩みもお気軽にご相談ください!!
年間100件以上の売却相談を頂いています!!


遠方にある不動産を売却するには??


不動産を売却するときは、売主と買主、不動産会社の三者立会いのもとで、売買契約書の署名捺印や決済・引渡しをおこなうことが望ましいです。立会いは、契約内容や物件状況について確認し、トラブルや紛争を防ぐために重要な役割を果たします。しかし、遠方にある不動産を売却するときは、現地での立会いが難しいという場合もあるかと思います。そんな時はどうすればよいでしょうか?
現地に行かずに不動産を売却する方法は大きく分けて3つあります。それぞれについて見てみましょう。

↓動画で解説します!おうちノウハウ講座!是非、ご覧ください!!

ノウハウ動



委任状を利用する方法
委任状とは、自分の代わりに他人に行為や権利の行使を委任する書面です。不動産売却では、自分の代わりにご親族や司法書士に委任状を作成し、契約書の署名捺印や決済・引渡しをおこなってもらうことができます。
この方法の長所は、現地に行く必要がなく、手間や時間が省けることです。短所は、委任状の作成や送付に費用がかかることや、委任された人が自分の意思に沿って行動してくれるかどうか不安に感じることです。
委任状を利用する場合は、委任状の内容や委任された人の権限範囲を明確にすることが大切です。また、委任された人と連絡を密に取り合って情報交換をおこなうことも重要です。

郵送・宅配便・電子署名等で契約書等を送付する方法
郵送・宅配便・電子署名等で契約書等を送付する方法とは、自分で契約書に署名捺印し、郵送や宅配便で送るか、電子署名や電子認証等の手段で契約書に署名する方法です。決済・引渡しは、不動産会社と司法書士が代行しておこないます。
この方法の長所は、現地に行く必要がなく、委任状の作成や送付にかかる費用が省けることです。短所は、契約書の送付に時間がかかることや、郵送や宅配便の途中で契約書が紛失や破損するリスクがあることです。
郵送・宅配便・電子署名等で契約書等を送付する場合は、契約書の内容や物件状況を事前に十分に確認することが大切です。また、郵送や宅配便の場合は、追跡サービスや保険を利用することもおすすめです。

オンラインで契約・決済・引渡しをおこなう方法
オンラインで契約・決済・引渡しをおこなう方法とは、インターネットやスマートフォン等のデバイスを利用して、オンライン上で売買契約書の作成や確認、署名捺印、決済・引渡しをおこなう方法です。不動産会社が提供するオンラインサービスを利用する場合もあります。
この方法の長所は、現地に行く必要がなく、手間や時間が省けることや、郵送や宅配便のリスクがないことです。短所は、オンライン上での契約や決済に慣れていない場合は不安に感じることや、セキュリティ面でのトラブルが発生する可能性があることです。
オンラインで契約・決済・引渡しをおこなう場合は、オンラインサービスの利用方法やセキュリティ対策を事前に確認することが大切です。また、オンライン上でのやり取りだけではなく、電話やメール等で不動産会社や買主とコミュニケーションを取ることも重要です。

↓不動産売却のお悩みを解決します!!


遠方にある不動産を売却する為のステップ


遠方にある不動産を売却するときは、現地に行かずに売却する方法があります。しかし、その場合でも、売却の流れを把握しておくことが大切です。遠方にある不動産を売却するときの流れは、以下の5つのステップからなります。
STEP1 不動産会社に価格査定を依頼する
価格査定とは、不動産会社が物件の価値や市場動向を分析して、適正な売却価格を算出することです。価格査定は無料で依頼できる場合が多いですが、遠方にある不動産の場合は、現地調査や交通費等で費用がかかる場合もあります。価格査定を依頼する際は、複数の不動産会社に依頼して比較することがおすすめです。

STEP2 査定を依頼した不動産会社と媒介契約を締結する
媒介契約とは、不動産会社と売主が売却活動に関する契約を締結することです。媒介契約には、専任媒介契約、一般媒介契約、代理媒介契約の3種類があります。それぞれにメリットやデメリットがありますので、自分の希望や状況に合わせて選択しましょう。媒介契約は郵送やオンラインで締結できる場合もあります。

STEP3 売却活動をおこなう
売却活動とは、不動産会社が物件の広告や見学等をおこなって買主を探すことです。売却活動の期間や方法は媒介契約で決められます。遠方にある不動産の場合は、物件の写真や動画等で魅力を伝えることが重要です。また、不動産会社から買主候補や成約条件等の報告があったら、迅速に対応しましょう。

STEP4 売買契約書を郵送してもらう
売買契約書とは、売主と買主が物件の売買に関する契約内容を記した書面です。通常は三者立会いで署名捺印しますが、遠方にある不動産の場合は、郵送やオンラインで契約書を送付してもらうことができます。契約書を送付してもらう場合は、契約内容や物件状況を事前に十分に確認することが大切です。

STEP5  決済・引渡しをおこなう
決済とは、売主と買主が物件の代金や手数料等の支払いをおこなうことです。引渡しとは、売主が買主に物件の所有権や鍵等を引き渡すことです。決済・引渡しは通常は三者立会いでおこないますが、遠方にある不動産の場合は、不動産会社が代行しておこなうことができます。決済・引渡しをおこなう場合は、物件の最終確認や必要書類の準備を忘れないようにしましょう。

↓初めての不動産売却は心配ですよね!不安を払拭したい方にご覧いただきたいです!!

初心者


遠方にある不動産売却で気を付けること!


不動産を売却するときは、現地に行って物件や契約内容を確認することが一般的です。しかし、遠方にある不動産を売却する場合は、現地に行くことが難しいこともあります。その場合は、通常の不動産売却とは違う注意点に気を付けなければいけません。遠方にある不動産を売却するときの注意点とは何でしょうか?
遠方にある不動産を売却するときの注意点は大きく分けて2つあります。それぞれについて見てみましょう。
①通常の不動産売却よりも時間がかかる

遠方にある不動産を売却する際は、通常の不動産売却よりも時間がかかる傾向があります。これは、郵送やオンラインで契約書等を送付したり、不動産会社や買主と連絡したりする際に、遅延やトラブルが発生しやすいからです。
 たとえば、売買契約書の締結をおこなう場合、通常の不動産売却では三者立会いのもとで実施するため、半日から1日程度あれば完了させることが可能です。その一方、持ち回り契約で締結する場合は、署名捺印や郵送の手続きに時間がかかるため、契約締結が完了するまでに1週間程度はかかるでしょう。
また、不動産会社や買主とスムーズな連絡を取ることができず、すぐに分かるはずの内容を確認するために数日かかってしまうことも考えられます。このような時間的なロスは、売却価格や条件にも影響を与える可能性があります。
遠方にある不動産を売却する際は、こまめに連絡を取ることができる不動産会社を選ぶことがおすすめです。また、契約書等の送付方法や期限も事前に確認しておくことも重要です。

②数回は現地に行くようにする

遠方にある不動産を売却する場合、頻繁に現地に行くことは難しいかと思います。しかし、一度も顔を合わさずに売却が進んでしまうと、売主がどのような人か分からないことを理由に、買主も不安になってしまうでしょう。
買主に悪い印象を与えてしまうと、スムーズに売却ができなくなりますので、数回は現地に行くことをおすすめします。もちろん、内覧がある度に立会いできれば良いですが、時間や費用もかかりますので、売却準備、売買契約の締結、決済・引渡しの最低3回は現地に行くと思っておくと良いでしょう。
現地に行くことで、物件の状態や周辺環境を確認したり、不動産会社や買主と直接話したりすることができます。これは、売却価格や条件の交渉にも有利になることがあります。また、自分の物件を手放すという気持ちの整理にもなります。
以上が、遠方にある不動産を売却するときの注意点です。遠方にある不動産を売却することは可能ですが、それでも不安な点や疑問点があれば、不動産会社に相談してみましょう。



無料査定 無料相談



マンガ売却編



まとめ


今回は、遠方にある不動産を売却する際のポイントをご紹介しました。以下の3つのポイントを覚えておきましょう。

①遠方にある不動産を売却する際は、通常の不動産売却よりも時間がかかる傾向があります。郵送やオンラインで契約書等を送付したり、不動産会社や買主と連絡したりする際に、遅延やトラブルが発生しやすいからです。たとえば、持ち回り契約で締結する場合は、契約締結が完了するまでに1週間程度はかかることが多いです。
②遠方にある不動産を売却する場合、頻繁に現地に行くことは難しいかと思います。しかし、一度も顔を合わさずに売却が進んでしまうと、買主も不安になってしまうでしょう。買主に悪い印象を与えてしまうと、スムーズに売却ができなくなりますので、数回は現地に行くことをおすすめします。最低でも3回は現地に行くように心掛けましょう。
③遠方にある不動産を売却する際は、リアルタイムで売却状況を把握することが大切です。そのためには、こまめに連絡を取ることができる不動産会社を選ぶことが重要です。また、契約書等の送付方法や期限も事前に確認しておくことも必要です。
遠方にある不動産を売却することは、通常の不動産売却とは違うチャレンジがありますが、上記のポイントを意識すれば、安心して進められるでしょう。遠方にある不動産を売却することを考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。
稲沢市を中心に西尾張の不動産売却はハウスドゥ155号稲沢(株)不動産トータルサポートにお任せください!!


【ハウスドゥ155号稲沢(株)不動産トータルサポートの不動産売却得意エリア】
稲沢市、清須市を中心とした西尾張全域
【ハウスドゥ155号稲沢(株)不動産トータルサポートの不動産買取可能エリア】
稲沢市、清須市を中心とした愛知県全域無料相談



商号    ハウスドゥ 155号稲沢(株式会社不動産トータルサポート)
代表者名 代表取締役 渡邉 友浩
所在地    〒490-1313 愛知県稲沢市平和町横池砂田288
電話番号 0567-69-5665
FAX      0567-69-5532
定休日 毎週 水曜日
営業時間 10:00~18:00
事業内容 土地、中古住宅、新築住宅、中古マンションの売買仲介
     土地、中古住宅、中古マンションの買取

キャンペーン




ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0567-69-5665

営業時間
10:00~18:00
定休日
毎週 水曜日

渡邉友浩の画像

渡邉友浩

部署:代表取締役

資格:宅地建物取引士・一級建物アドバイザー・不動産キャリアパーソン・空き家マイスター・住宅ローンアドバイザー

この仕事は『ありがとう』が溢れています。お取り扱いする商品が高価であるため、責任が重くプレッシャーが大きい仕事です。ただ、それ以上に、『良い物件を見つけてくれてありがとう!!』『早く売却してくれてありがとう!!』『困ってる不動産の問題が解決できてありがとう!!』など。お客様から本当にたくさんの『ありがとう』を頂きます。地域の不動産業者にしかできない仕事で街づくりに貢献していきたいです。

渡邉友浩が書いた記事

関連記事

不動産売却のこと

空き家のこと

市街化調整区域のこと

売却査定

お問い合わせ