売却応援キャンペーン 初心者にわかりやすい不動産売却

【2023年版】稲沢市不動産売却|地中埋設物と契約不適合責任



【2023年版】稲沢市不動産売却|地中埋設物と契約不適合責任
稲沢市、清須市の不動産売買専門店 ハウスドゥ  155号稲沢(株)不動産トータルサポート、代表の渡邉友浩です。
土地の売買をさせて頂くと地中埋設物が発見されることがあります。
私たち仲介業者も売主様も契約の段階では地中のことはわかりません・・・。
売主様からのヒアリングで事前に想定できたり、団地の場合は過去の取引での経験から予測することはできますが・・・。
実際は、掘ってみるまで分からないのです・・・。

この記事の執筆者

このブログの担当者  渡邉  友浩

株式会社不動産トータルサポート代表取締役
岐阜県出身 南山大学法学部卒 業界歴 24年
保有資格:宅地建物取引士・一級建物アドバイザー・不動産キャリアパーソン・空き家マイスター・住宅ローンアドバイザー
ハウスドゥ155号稲沢、ハウスドゥ家・不動産買取専門店 155号稲沢、ハウスドゥ愛西、ハウスドゥ弥富を運営しています。
市街化調整区域の物件の企画、売却は特に自信があります。不動産(空き家)、相続のお悩みもお気軽にご相談ください!!
年間100件以上の売却相談を頂いています!!




地中埋設物とは、産廃、岩、コンクリート瓦礫、建物基礎、古い浄化槽、杭などです。
撤去処分には、費用もかかりますし、買主様も建築スケジュールが遅れ困ってしまいます。この問題を判断するのが契約書に記載してある『契約不適合責任』という部分なのです。
ポイントは、発見された埋設物が土地の瑕疵、契約不適合となるかどうかです。
不動産売買での『契約不適合責任』は、買主様にお引渡しをした不動産が、種類、品質、数量に関して契約内容と合っていない場合に、買主様に対して売主様が負う責任です。
買主様は売主様に、補修や代替物または不足分の引き渡しを請求ができ、これを『追完請求』といいます。この以外に、『代金減額請求』、『契約解除』、『損害賠償請求』も場合によっては認められます。
したがって、『契約不適合責任』に該当する地中埋設物が、『契約不適合責任』を負うべき期間内に発見された場合は、売主様は埋設物をすみやかに撤去する必要があります。


不動産売買において『契約不適合責任』の通知期間は一般的には3ヶ月とすることが多いです。これは、任意規定ですので売主様、買主様の合意によって設定させて頂いております。
土地を売却する際に、地中埋設物がご心配な売主様は、試掘であったり専門家による事前調査も可能ですのでお気軽にご相談ください。


無料査定 無料相談




【ハウスドゥ155号稲沢(株)不動産トータルサポートの不動産売却得意エリア】
稲沢市、清須市を中心とした西尾張全域
【ハウスドゥ155号稲沢(株)不動産トータルサポートの不動産買取可能エリア】
稲沢市、清須市を中心とした愛知県全域


売却初心者





商号    ハウスドゥ 155号稲沢(株式会社不動産トータルサポート)
代表者名 代表取締役 渡邉 友浩
所在地    〒490-1313 愛知県稲沢市平和町横池砂田288
電話番号 0567-69-5665
FAX      0567-69-5532
定休日 毎週 水曜日
営業時間 10:00~18:00
事業内容 土地、中古住宅、新築住宅、中古マンションの売買仲介
     土地、中古住宅、中古マンションの買取

キャンペーン



ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0567-69-5665

営業時間
10:00~18:00
定休日
毎週 水曜日

渡邉友浩の画像

渡邉友浩

部署:代表取締役

資格:宅地建物取引士・一級建物アドバイザー・不動産キャリアパーソン・空き家マイスター・住宅ローンアドバイザー

この仕事は『ありがとう』が溢れています。お取り扱いする商品が高価であるため、責任が重くプレッシャーが大きい仕事です。ただ、それ以上に、『良い物件を見つけてくれてありがとう!!』『早く売却してくれてありがとう!!』『困ってる不動産の問題が解決できてありがとう!!』など。お客様から本当にたくさんの『ありがとう』を頂きます。地域の不動産業者にしかできない仕事で街づくりに貢献していきたいです。

渡邉友浩が書いた記事

関連記事

不動産売却のこと

空き家のこと

市街化調整区域のこと

売却査定

お問い合わせ